オトコメシ ノ タノシミ

男が作る手料理を披露していきたいです。 作れない日も何かしらアップします!

プロフィール

ちまにぃー

Author:ちまにぃー
広島県東部在住独身です。
料理が好きなので、男の手料理を日々UPしていきます。
ときおり、関係ないネタもあります。
ただいま、多忙につき更新不定期になってま~す♪
みなさま、よろしくお願いします。

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 東北地方太平洋沖地震について。

こんにちは。

皆様もご存知のとおり、東北地方沖を震源とする大地震が発生し、今もなお東北地方を中心とした広範囲にわたって、避難されている方々、救助を待つ方々、夜も眠れない日々が続いていることと思います。

こちら、中国地方への影響などは今のところあまりありませんが、被災された方々のことを思うと、普通に記事を書く気になれませんでした。

ブロともさんにも、東北在住の方がいまして、心配で直接状況を聞いてみたのですが、無事だということがわかり安心しました。ですが、寒い時期・地方にもかかわらず停電が起きているということで、やはり心配しています。


1995年1月17日に、兵庫県南東部を震源とする「阪神淡路大震災」が発生しました。僕は震災当時、兵庫県姫路市にて一人暮らしをしていました。姫路市を中心とする西播磨地区は震度4でしたので、大きい被害はなかったと思います。
ですが、大学にも神戸方面から通学している学生も多く、しばらく授業は休講になったのも覚えています。
友達の家が半壊したとか、身近な知り合いでも被災された人が多く、地震の怖さ、自然災害のすさまじさを改めて痛感したのが思い出されます。

自分も、地元では消防団員として活動していますが、消防団員は火災のときに出動するだけでなく、水災害・地震災害のときも支援にあたるよう決められています。
幸いにして、自分の住んでいる地域は災害が非常に少ないために、そういう活動はごくわずかでしょうが、こうして日本で大きな災害が起きていることを考えると、他人事とはもちろん思えませんし、できることなら力になりたい、とも思います。

阪神淡路大震災の多大な被害を機に、日本では改めて震災に対する備え、知識の普及・建物などの耐震性向上、自主防災組織の発足など、いろいろな対策対応をとってきたと思いますが、それでもやはり、このたびのような大地震に対しては予知予見は可能だとしても、自分たちの無力さを思い知らされました・・・。

ですが、阪神淡路大震災のときも極めて大きな被害を出したのですが、その後の全国各地からの支援・募金・ボランティアの方々の応援などで、すばらしい復興を成し遂げたと思います。
最近の日本人は、近所づきあいも少なくなってきて、他人に無関心な風潮が感じられると、たびたび言われていましたが、いざというときの団結力・他人に対する奉仕の姿勢は、ほかのどの国にも引けをとらないと感じました。


今回の大地震でも、今なお一体どれだけの甚大な被害が出ているのか、はっきりとは分かっていないと思います。今後少しずつ明らかになっていくことでしょうが、遠いこの地からでも、募金などの方法しか思いつきませんが、少しでも被災された地域の皆さんの力になれればと、思います。


最後になりますが、被災された方々のご冥福をお祈りするとともに、一刻も早い復興を望みます。

コメント

  • 03月 13 2011
    • 2011/03/13(日) 20:52:49
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ちるちる-
ちまにぃーくん、こんばんわ。

阪神淡路大震災の時、
父が単身赴任で姫路にいました。
電話でも連絡が全然取れず、
とっても心配した記憶があります。。。

今回の東北関東大震災、
わたしのところは震度5強でした。
こんなに強い揺れ、長い揺れは
初めてでしたので、本当に怖かったです。

何かできる事・・・と考えてみても
自分にできる事は小さなことだけですが・・・
節電を心がけたり、募金をしたり・・・
送ることが可能になれば、物資を送ったり。
何としてもできる事はしていかないと
いけないと思っています><
  • 03月 13 2011
    • 2011/03/13(日) 21:43:45
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ぴーち-
こんばんは!

ちまにぃ~さん、私の方にまでご心配をお掛けしてしまい大変申し訳ありませんでしたm(_ _)m
お陰様で、私も私の家族も無事に過ごしております^^
ちまにぃ~さんも、阪神・淡路の震災ではその尋常ではない揺れを体感されたお一人だったんですね
( ´゚д゚`)
ちまにぃ~さんが今でも日夜消防活動に意欲的になれるのは、そういう体験をされたからこそ
なんだろうと改めて思いました。(あくまで推測ですので、違っていたらすみません)

仰る通り、日本の地震に対する備えというのは先進国の中でも優等生の方だと思いますが、今回の様な巨大な地震の前には本当に人間の力は無力であるとまざまざと見せつけられた思いがしました。
日本はこれまで小規模な地震が多発しやすく、その度に津波警報は出ても直ぐに解除されるという状態が繰り返されて来て、少々慣れっこになって居たのかも知れません。その慣れの部分が今回思わぬ油断となって現れ、逃げ遅れてしまった人も随分と居たようです。平和であることは確かにありがたい事でもありますが、やはりいつでも最悪な状況を予測して直ぐに行動に移せるような心の準備が必要なんだなと一つの教訓をいただいた様にも思います。
それでも亡くなった方々一人一人の命を重さを考えると本当に心が痛みます。
謹んでご冥福をお祈り致します。

それでは・・
ちまにぃ~さんの
温かいお言葉にも感謝しつつ、応援も一緒にさせてください。
  • 03月 14 2011
    • 2011/03/14(月) 05:26:04
    • [ 編集 ]
    • URL
    • たえfddzkx5k
阪神大震災、私は神戸のど真ん中にいました。
あの突き上げるような縦揺れとその後の横揺れ、
今でもあの感覚は覚えています。

命があったのは私にやり残したことがあるからだと
肝に銘じ、亡くなった友や知人を想い、
風化させないようにと、頑張ってきました。

でも、今回の地震と津波はそれを上回るもの。
同じ日本人として、少しでもできる事があれば・・・と思い、
今、Facebook で、情報拡散のお手伝いをしています。
あとは募金や節電も少しはお役に立てることの一つかな?
と思い、今のところはやっています。
テレビを見ては悲しくて泣きそうになっています。
なにか出来ることはないかとずっと考えています。
同じ日本で起きた事とは思えないですね。
節電や募金 私たちに出来ることをして行きましょう。


  • 03月 15 2011
    • 2011/03/15(火) 04:44:13
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ひろぼ-
おはようございます。
コメントありがとうございました。地震の多い関東に住んでいますが、あれほどの揺れは初めてでビックリするとともに、恐怖を感じました。

冷静になるということの重要性を改めて実感しまた。

無くなられた方のご冥福と、被災地の早い復興をただただ願うばかりです。
  • 03月 15 2011
    • 2011/03/15(火) 23:24:31
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 権左ヱ門-
こんばんわ
ちまにぃーさんもご無事の様でなによりです。
大きな地震になる度に阪神大震災を思い出しますね

つい先ほども大きな地震がありました
被害が無い事を祈ります

いつもと変わらない日常を送らせてもらっている事に感謝しております
いつもコメントありがとうございます・
このたびの大地震では、いまだに行方不明の方も増え、亡くなられた方も阪神淡路大震災をしのぐほどと言われています。それこそ、過去に無い規模の災害だと思います。
原発の問題、物資不足の問題、行方不明者捜索・街の復興など、問題は山積していますが、僕たちに出来ることを少しでもして、月並みな言葉ですが、同じ日本人同士が助け合える社会を保ちたいな、って思います。
これ以上の被害がないよう、心から祈っています。
余震などがいまだに頻発していますので、皆様も、十分お気をつけくださいね。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。